第16回「はぴかちゃん歯いく大賞」には、12,558句、196団体、12,000人ものたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

一句一句に歯や口の健康へのさまざまな想いがこめられ、感性豊かな作品の数々でした。表彰式の様子は令和元年11月24日14:00よりテレビ愛媛にて放送されました。

入選作品

はぴか大賞

乳歯が抜ける体験は子どもにとってはもちろん新鮮な驚きの体験ですが、俳人にとってもじっくり観察する「乳歯」の姿は面白いものです。我が子の抜けたばかりの「乳歯」の歯茎に埋まって見えなかった「根」のなんと長いことか。「新涼」の空気に晒されて歯の表面が乾いていく様までありありと想像されるのは、まさに観察の力。

優秀賞 特選

小学生の部

病院ではテレビの音が消されたままかかっていることもあります。普段家では音が流れているのに、ここでは「無音」。聞こえてくるのは外の「夏の雨」の音と、処置室からの物音だけ。名前が呼ばれるまで、緊張の「無音」に支配される一時です。

中高生の部

部活動に打ち込む学生にとって「部室」は生活の中で重要な位置を占める場所。大切な「クラリネット」と共に「歯ブラシ」も置いています。給食や弁当を食べてからの練習。歯磨きで爽快になった呼気を吹き込み、夏へ向かって力強い音を紡ぎだします。

優秀賞

小学生の部

お兄さんの「きせい」を楽しみに待つ心が「ハブラシ」を「えらぶ」ことで表現されているのがほほえましい。大きい「兄」には大きくて固い物を選んだほうがいいだろうか、なんて悩んでいるのかもと想像すると愉快で可愛い一句。

「はっけよい」から始まる迫力!「夏が来る」力強さや喜びを具体的な重さで表現しています。自分の「奥歯」には「100キロ」の力がかかっているに違いないと思う。その気合いをもって「はっけよい」とぶつかっていきます。

新しく「生えた」「は」の生命力と、「とねりこの木」に鳴く「せみ」の生命力が取り合わせの接点です。ぐんぐん大きく緑の葉を広げるとりねこ。毎朝せみのじわじわ鳴く声を聞いて、少しずつ新しい歯も大きくなります。

こどもの世界にはたびたび不思議な出来事が起きます。「おくば」が抜けたこと、「せみのぬけがら」を見つけたこと。初めて出会う出来事に遭遇した日は全てが「ふしぎなひ」。抜けた「おくば」の形と「せみのから」の形も似てるね。

中・高校生の部

夏休みに行く「祖母の家」。楽しい一日を過ごして、歯磨きをしようと思ったら「歯みがき粉」がない。普段とは違う洗面台に同じ経験をした人も多いことでしょう。「残暑」のもどかしさが共感度を増します。

「夏休み」が始まったし「歯ブラシ」を「新品」に替えてみる。まだ一度も使ってない真っ新な毛並みがキラキラします。口にいれたら少しモゴモゴ。新品を使った瞬間の新鮮さと違和感が同時に蘇ってくる一句です。

下の乳歯が抜けたら屋根の上に投げると立派な永久歯が生えてくるという言い伝えがあります。「完璧なフォームで投げる」なら確実に屋根の上へ届くことでしょう。振りかぶった視線の先に隆々たる雲の峰が聳えます。

家族全員分の「歯ブラシ」は三本。大人用と子ども用、それぞれに大きさも違います。高さの違った三本がまるで「三連符」のように並んでる姿が可愛く愉快。「秋の朝」の爽やかな空気の中でのささやかな発見。

一般の部

中七下五の断定がなんと勝手にして愉快なことか!図々しい「ろくでなし」はその達者な口で好き勝手なことをのたまっているのでしょう。憎たらしくもなぜか離れられない人物。「天の川」が案外ロマンティックな輝き。

入籍を済ませ、これから新しい生活が始まる場面。人生の新たな門出にかかる「梅雨虹」は二人を祝福するかのようです。新しい「歯ブラシ」を「おろす」、そんなささやかな事から始める新生活が幸せでありますように。

こんな場面の歯を描写できるのはさすが大人ならではです。テレビで観ているとも球場に観戦に行っているとも読めますが「鮭とば」を噛むのに終始しているなら前者の可能性が高いでしょう。リフレインに漲る力と迫力。

「向日葵」が明るい朝を思わせます。歯磨きの時間をきっちり決めて行うための「砂時計」。歯磨きを嫌がる子でも、ひっくり返した瞬間からさらさらと落ちる砂を眺めながら歯磨きも楽しい時間に変わるかもしれません。

ユニーク賞

小学生の部

どんな日にだって歯は抜けるんだけど「うそついた日」に抜けた事実に心がビクッとします。もしや歯が抜けたのはうそをついたせいじゃ…と怯える心を夏の陽射しが炙るよう。

中・高校生の部

ボサボサに使い込んだ「歯ブラシ」を描写して大仰な比喩が愉快です。「割れました」の口語も軽やかな楽しさ。真っ二つに割れた歯ブラシじゃ綺麗に磨けないだろうなあ(笑)

一般の部

火葬の際には入れ歯は基本的に外すのだそうです。臨終を看取っていよいよ火葬の時。外すべき入れ歯も持たない実歯の老父。頑健に生きた個人の人柄も思わせる無季の一句。

佳作作品

小学生の部

妹がわらうと見える歯六本竹内 冴耶
ぬけた歯をつつむ手汗ばむ帰り道築山 明広
アイスキャンデーかじり乳歯のぐらり午後豊島 佐菜
口ないえんさされるような冬の空森谷 圭造
抜けた歯はすべてばぁばの家の庭河本 紗奈
はぶらしはどらえもんのまーくくりすますじょうこう れつま
白南風の歯みがきスースーミント味𠮷田 知美
あじさいがさくころぼくはおとなのは田中 大翔
はるのひにるすばんしていたはがぬけた八塚 光
うめのあめほんをよんだひはがぬけた忠政 沙羅
あおあらしあばれているよ口の中松岡 竜駕
あじさいの花が開いて歯がぬけて白石 大翔
カミキリムシぼくのまえばはいつぬける三木 規生
ぬけた歯を上に投げたら春の虹織田 航平
歯みがきのしあげはフッ素雪だるま浅野 迦恋
ぼくの歯はダイヤモンドだ夏の海渡邊 陽斗
新品の歯ブラシセット風光る藤井 愛望
赤ちゃんはむし歯がないよねむの花西田 未来翔
はみがき粉口いっぱいに夏の雲長野 奏愛
セミの声はぶらし買いにじ転車で岩本 竜弥
いもうととぬけたはをみるなつのよる佐藤 政之輔
はみがきこミントのあじはそらのあじ藤尾 萌生
夏つばめ鳴き終わる頃歯がぽろり上田 琴葉
夕立の音聞き抜歯はいしゃさん越智 匠
ぬけたはをライオンのはとこうかんだ本田 栄道
つよいははえろにゅうどうぐもにほおりなげ宮下 睦都
風りんの音がきれいで歯が笑う元岡 裕之
月涼し従姉に借りる歯みがき粉織田 桃子
朝顔や大きな椅子の歯科医院赤星 咲太朗
えんぴつのしんけずるおとははみがきのおと織田 和希
同じ背のタカサゴユリと歯をみがく織田 淳平
新しいはぶらし買った虹見えた戎 優利
くちのなかはみがききらきらなつのほし毛利 一癸
貝がらに抜けた歯入れて海びらき岡部 杏梓
ピーマンと同じ形の歯がぬけた伊藤 大倫
はみがきをいつも見ているオニヤンマ東谷 一輝
歯がぬけた朝にとどいたしょちゅうみまい今井 遥
イカやきを五十回かみ夏まつり西山 翠
むし歯きんみんなでけして南風石﨑 都
雨蛙おまえにむし歯はあるのかい芝﨑 羚惺
なつのそらおもちゃをえらべるはいしゃさん大野 直輝
炎天下奥歯が痛む登校日清水 陽嘉
すれ違うミントの香り夏の朝清水 陽嘉
前歯抜けプール飛びこむ水しぶき清水 栄那
しんきろうぐらぐら揺れる治りょうあと清水 栄那
ぼん休みサービスエリアで歯をみがく高田 息吹
貝がらにぬけたは入れてもってかえる三好 こまき
はがはえたこうもりのはもはえるかな大塚 陽向
歯みがきを終えてき麗な夏の月大本 れい
はがぬけたもうすぐたのしいなつやすみ谷口 真花

中・高校生の部

初節句積木に歯形の残りけり伊葉 小夏
噛みしめるトマトの赤き重力を武田 歩
つくしつむ子に三本の乳歯かな山内 那南
最小単位として捻る鯨の歯豊冨 瑞歩
日照りに若き歯を投げて雨乞いす三好 葉月
間奏に友のはにかみ天高し森貞 茜
夏の歯はお風呂上がりのミルク色藤原 萌乃
待ちきれぬ乳歯の最後水温む横田 晃誠
歯磨かずレモン色のかき氷青木 咲歌
梅雨晴れや歯みがき指導の声高く湧川 凜
歯をぬいた烏の子たちも飛び立った豊岡 健汰
前歯ないマンタが笑う夏の空岩本 埜乃子
弟に仕上げ磨きや秋の風鍋井 健弘
初夏の恋過ぐハミガキ粉苦し星加 萌愛
月涼し歯はみがいたかと母の声角藤 大晟
浴衣着ていつもより長い歯みがき倉橋 優月
太陽を喰らう俺の白い牙工藤 晃成
風かおるハードミントの歯磨き粉中 美結
夏の雲歯科医の客の皆子供西山 陽遥
窓の外紫陽花のぞく歯科治療山岡 桃彩
梅雨入りの口いっぱいのフッ素かな入船 真人
弟の抜けた前歯に初夏の風阿部 青波
新品の歯ブラシ躍動夏の朝滝本 初音
妹と十分歯磨き熱帯夜中尾 純蓮
白い歯も黄ばんだシャツも夏の夜布袋 俊幸
歯が抜けて秋風通る二部合唱川又 心美
天高し八重歯尖れる反抗期山本 瑠香
赤とんぼ独白は歯の隙間より渡部 瑠々奈
年の暮嫌ひなままのフッ素かな石村 優奈
かじかむ手歯でくいしばる王手飛車神野 友我
桜舞う朝の乳歯はまだ抜けず山内 健次
バルコニー新入り犬歯と若葉かな小川 花凜

一般の部

歯磨きの時間広場は秋の聲アリー・ティム
朝顔と乳歯おさめた小さき箱岡﨑 和子
裸足の子のぞく鏡の仮歯かな岡田 ルミ子
夕焼けにゆっくりうごく羊の歯川島 健佑
抜けた歯に百日紅から降る光重松 希美
亀鳴くや妻八十の糸切歯和田 正
突然の抜歯宣告梅雨曇り渡部 茂由子
小鳥来る乳歯埋めた土の上菅 伸明
とうきびを横齧りして敗戦忌菅 伸明
逆転の走者の皓歯炎天下関谷 葉子
はららごに犬歯を立てし津軽かな秋本 哲
狛犬の折れた歯の成る月の舟鈴村 直樹
日焼子の歯を光らせて転びけり川又 夕
右奥歯から磨くくせ冬銀河澤近 恭子
抜歯して台風来る夜半かな重松 希美
歯ぶらしの凜と一本立つ四月杉野 祐子
井戸水で口を洗えば雪の匂い杉野 祐子
舌先の仮歯ざらつく寝正月鈴村 美恵
もの云はぬ母の歯磨く秋の朝福本 政代
反抗期仕上げ磨きの熱帯夜森谷 京子
ずくんずくんと奥の歯軋む遠花火森永 久実
抜けた歯をかかげ勝どき夏休松本 だりあ
春空へ乳歯きらきら昼休み宮下 嘉納子
恐竜の歯並びや良し夏に入る山内 秀紀
恐竜の歯の化石出づ水の秋吉田 美知子
歯科医師の眼鏡ひかめくけふの菊吉田 実
パペットと歯を磨きあふ文化の日若狭 昭宏
祖父の歯が川蟹喰らう大祥忌赤松 瞳
反抗期ひらいた歯ブラシ夏の果て伊葉 環
下の歯のちょこんとまぶし山笑ふ池川 久美子
歯にほどく固き結び目鰯雲あいむ李景
油照ブリッジに何か隠れてをり加納 早苗
唇にあおき弾力マスカット藤川 美喜
歯茎からばぁちゃんになる鰯雲岡村 理江
麻糸とぐらぐら乳歯夕端居相原 香奈
歯磨きし眠気をとばして縫うゼッケン泉 和博
歯軋りにヘマの記憶を溶く夜長栗田 謙
入梅の深きところの歯のひかり下岡 和也
歯みがき粉舌にふれたる熱帯夜下岡 和也
笑はねば見えぬ八重歯や砂日傘近藤 拓弥
嘘つきの歯を磨き終へハンモック近藤 拓弥
石榴喰う口内炎を探しつつ城田 和佳
歯医者から「罪と罰」借り春驟雨細見 阿由
歯並びは良い妹やジキタリス細見 阿由
歯磨き粉絞ると力む歯よ炎暑渡部 稜也
歯科検診紙コップには秋の空坂本 梨帆

団体賞

松山市立南第二中学校

松山市立浮穴小学校

四国中央市立土居中学校

四国中央市立三島東中学校

松山市立伊台小学校

西条市立大町小学校

西予市立宇和中学校

東温市立川内中学校

愛媛県立松山西中等教育学校

松山市立清水小学校

西条市立吉井小学校

四国中央市立川之江小学校

今治市立乃万小学校

西予市立中川小学校

松山市立粟井小学校

四国中央市立寒川小学校

松山市立河野小学校

伊予市立港南中学校

鬼北町立日吉小学校

松山市立東中学校

今治市立伯方小学校

新居浜市立西中学校

松山市立拓南中学校

今治市立大三島中学校

西条市立西条南中学校

西条市立丹原小学校

鬼北町立好藤小学校

愛媛県立北宇和高等学校

今治市立船木中学校

今治市立宮窪小学校

愛媛県立南宇和高等学校 生徒保健委員会

松山市立桑原中学校

伊予市立南山崎小学校

愛媛県立八幡浜高等学校

松野町立松野西小学校

大洲市立菅田小学校

松山市立日浦中学校

四国中央市立新宮小学校

四国中央市立妻鳥小学校

松山市立たちばな小学校

四国中央市立豊岡小学校

松山市立日浦小学校

四国中央市立中之庄小学校

愛媛県立今治西高等学校 俳句部

宇和島市立和霊小学校

八幡浜市立松蔭小学校

東温市立南吉井小学校

東温市立西谷小学校

八幡浜市立喜須来小学校

松山市立久谷中学校

新居浜市立神郷小学校

大洲市立長浜小学校

伊方町立大久小学校

八幡浜市立保内中学校

八幡浜市立川之石小学校

松山市立北中学校

八幡浜市立八代中学校

今治市立国分小学校

西条公民館

今治市立桜井小学校

西予市惣川小学校

伊予市立中山中学校

愛媛県立松山中央高等学校

松山市立余土中学校

今治市立上浦小学校

砥部町立広田小学校

松山市立坂本小学校

松野町立松野中学校

愛南町立柏小学校

四国中央市立南小学校

西条市立多賀小学校

四国医療技術専門学校 医療情報学科

西条市立小松小学校

松山市立中島小学校

西予市立石根小学校

宇和島市立玉津小学校

西予市野村中学校

西条市立西条北中学校

愛媛県立新居浜西高等学校

松山市立小野小学校

愛媛県立東温高等学校

<主催>

愛媛県歯科医師会


<後援>

愛媛県

愛媛県教育委員会

松山市

愛媛新聞社

朝日新聞松山総局

毎日新聞松山支局

読売新聞松山支局

産経新聞松山支局

NHK松山放送局

南海放送

テレビ愛媛

あいテレビ

愛媛朝日テレビ

愛媛CATV

FM愛媛

リビングまつやま

タウン情報まつやま


<協賛>

パナソニック株式会社